引越し 住所変更 手続き

<%siteTitle %>

引越し 住所変更の手続きもお忘れなく

引越しをすることになったら、住所変更の手続きについても忘れずに行わなければなりません。
まず、市区町村への届け出が必要です。

 

郵送で手続きをすることもできますが、時間があるようならば転出する市区町村の役所まで出向き、転出証明書を交付してもらいましょう。

 

あとはそれを引っ越し後14日以内に転入先の役所に提出するだけです。
尚、転出届を出すと印鑑登録が自動的に抹消される形になります。

 

住所変更の手続きは、役所に対してだけ行えばいいというものではありません。
細かい届け出は、自分で行わなければならないんです。

 

引越し料金の相場を調べてみましょう!

 

住所変更が必要なもの

役所以外に住所変更手続きをしなければならないものはたくさんあります。
まず、プロバイダーです。
インターネットを使っている場合は、プロバイダーへも住所の変更を伝えておきましょう。

 

新居で引き続き同じプロバイダーを利用したいと思っている場合は、新居での開通手続きについても同時に確認しておくのがおすすめです。

 

 

あとは国民年金の住所変更手続きを転出先の役所で行いましょう。

 

国民健康保険も手続きが必要です。
こちらは他の市区町村に移る場合、管轄の市区町村に保険証を返納し、引越し先の市区町村で交付を申請する形となります。
転出証明書の提出と同じく、引越しから14日以内に済ませる必要があるので、一緒に行うといいですね。

 

他にも、銀行や郵便局、クレジットカード会社への住所変更も忘れてはいけません。
運転免許証については、同じ都道府県内での引越しであれば免許証と転居後の住民票か新住所を証明できるものを持って管轄の警察署で手続きをします。

 

チェックリストを作っておき、どれが終わっていてどれがまだなのかをチェックしながら手続きをしましょう。

 

引越し業者選びも忘れずに

住所変更などの手続きは忘れずに行う人が多いのですが、引越し業者はぎりぎりになってから選ぶという人もいるようです。

 

しかし、こちらも早めに済ませておきましょう。
一社ずつ比較をしている時間が取れないという人は、引越し侍というサイトを利用するといいですね。

 

まとめて複数の引越し業者に見積もりをお願いすることができるので、安い業者を探したいという時にとても役立ちます。
あとは各引越し業者から見積もりが届くまでの時間を使って手続きについてチェックしたり、荷造りを進めておきましょう。

 

余裕を持って引越し業者探しをすることができれば、各社が提供しているサービスなども比較しながら業者選びができます。

 

引越し料金の相場を調べてみましょう!


ホーム RSS購読 サイトマップ